Google ChromeでHARファイル/ログを保存

なぜ、HARログを保存する必要があるの?
報告された不具合をサポートチームが再現できず、不具合解消への作業に着手できない時、ブラウザのネットワーク要求と応答ログを参照して、問題の根本原因を探ることができます。


HARファイル/ログとは何?
HAR(HTTPアーカイブ形式)は、Webブラウザとウェブサイトとの対話を記録するJSON形式のアーカイブファイル形式です。ログ自体には、ブラウザとサイト間のすべての要求と応答が含まれ、サポートエンジニアは、あなたが操作した内容を正確に把握し、問題をデバッグすることができます。

※注意※ HARファイルは、お使いのブラウザによって要求、提供されたすべてのデータを記録し、入力した機密情報(個人情報、パスワード、クレジットカード番号など)が含まれる場合があります。


GoogleクロームでHARログを保存するには?
ブラウザのネットワーク要求と応答ログを HAR ファイルとして保存する方法は、次のとおりです。

1.Google Chrome ウェブブラウザを開きます。
2.Windows で F12 キーを押すか、Mac で Cmd+ オプション + I キーを押して、開発者ツール ウィンドウを開きます。
3.開発者ツールウィンドウの [ネットワーク] タブに移動します。ブラウザの要求と応答のログが表示されます。

4. [ログを保存] チェックボックスにチェックします。


5. オプション: [Clear] を選択し、[ネットワーク] タブから既存のログを削除します。


6. 「レコード」の表示がアクティブ(赤色で強調表示)であることを確認します。表示されていない場合は、開発者のウィンドウの右上にあるグレーの○アイコンをクリックします。


7. Chrome ブラウザで不具合を再現させます。
8. 不具合が再現した後、[ネットワーク] ウィンドウ内の任意の場所を右クリックし、ドロップダウンメニュから [コンテンツ付き HAR として保存] を選択します。するとダイアログが開き、HARファイルの保存場所を選択することができます。


9. HARファイルを添付資料としてオープンチケットに送信し、サポートします。