Construction:線、長方形、円弧、円の入力

はじめに
Constructionでは、線、長方形、円弧、円といった4種類の線を入力することができます。これらの機能で、様々な線の描画が可能になります。

機能
・線
3Dモードで[線]を選択し、始点~終点を指示します。または、画面左下に線の長さを入力することもできます。「Enter」ボタンで寸法値を確認することができます。
※各々の線は、閉領域という形でしか存在できません。直線は必ず閉領域で入力する必要があります。閉領域になっていない場合、線は自動的に削除されます。
線を入力する時は、左クリックで始点指示し、右クリックで入力終了します。

終点キャプチャでは、終点の位置を確認することができます。Constructionでは、終点、中間点、交点、面上の4つのキャプチャを表示します。

また、3次元座標系で線の方向を確認することもできます。
緑の矢印はx軸、赤の矢印はy軸、青の矢印はz軸を表しています。

座標系を使用することで、3D空間でより簡単に線を入力することができます。
1.始点を指示し、ポインタを軸方向に移動させると、x軸、y軸、z軸が表示されます。
2. [線(L)]を選択し、ポインタを図形上のポイントに数秒間置き、x軸、y軸、z軸に沿って移動させると、それぞれの延長線が表示されます。

線を引くと、入力フィールドが画面左下に表示されます。必要に応じて、線の長さの値を入力することができます。

・長方形
ツールバーの[長方形(R)]をクリックして始点を指示し、入力したい長方形の対角線上へポインタを移動させます。もう一度クリックするか、Enterキーを押して入力を完了します。正確に入力するには、入力フィールドに長さと幅の値を入力します。
※TabキーでLフィールドとWフィールド間を移動できます。長さと幅の値を入力したら、Enterキーを押して完了します。

面の上にポインタを移動すると、面上を示すツールチップが表示されます。図形を入力すると、x軸(緑)、y軸(赤)、z軸(青)を表す補助線が自動的に表示されます。この機能は、他の3Dモデリングソフト共通の機能です。

・円弧
ツールバーの[円弧]をクリックして円弧の弦の始点を指示し、再度クリックして終点を指示します。CLフィールドに弦の長さの値を入力することもできます。ポインタを移動させて弦の高さを指定し、クリックして入力を完了します。また、CHフィールドに弦の高さの値を入力することもできます。もう一度クリックするか、Enterキーを押して完了します。右クリックで円弧の入力を終了します。
弧の形状で押出加工、引抜加工、オフセットができます。