Construction:押出/引抜加工

1. [押出加工/引抜加工]を選択します。
2.加工する面を選択します。
この面は、線または長方形で入力した面でも、既存の面でも可能です。
3.伸縮する方向を指示するか、伸縮の長さを入力してください。

※画面左下に正確な距離を入力する場合、正数はマウスの方向に、負数はマウスの反対方向に伸びることを意味します。

⇒Point:
Q:なぜ壁を押出したり引抜いたりできるの?
A:Constructionで加工できるのは建築面のみです。構造面は変更できません。
Q:構造面とは?
A:フロアプランを描いたときに自動的に作成された壁、天井、床のことです。最初にConstructionに入力したときに表示されるすべての面が構造面です。
Q:建築面とは?
A:[線(L)]、[長方形(R)]、[押出加工/引抜加工]ツールを使って描いた面です。
建築面と構造面の違いは、構造面を押出・引抜したり、上げたり、移動したり、削除したりできないことです。また、構造面をロフトパスとして設定することはできません。ただし、これらの操作は建築面で補填することができます。
建築面と構造面はどちらも、マテリアル補正と高度なマテリアル編集をサポートしています。
※Constructionでは、フロアプランを変更したり、窓やドアに穴を作成することはできません。