CADファイルのアップロード

CADファイルのインポート
CADファイルをアップロードするには、3Dフロアプランナーの画面左側のパネルで[CADのインポート]を選択します。

1. CADファイルに複数のフロアプランがある場合、選択できるのは1つだけです。
2. 10プランまで複数選択することができます。

CADアップロードエラー:
次に、エラーについて説明します。

「非公認のソフトウェアが検出されました/ファイルが小さすぎます」
ファイルが小さすぎるか、AutoCADによってエクスポートされていないため、フロアプランを読み込めませんでした。

この問題を解決するには、以下の操作をしてください。
・CoohomにアップロードできるのはAutoCADファイルのみです。他のソフトウェアは使用しないでください。
・AutoCADでフロアプランのサイズを10倍に拡大し、エクスポートしてください。

「ファイルが大きすぎます」
DWGファイルのサイズは最大5MB、DXFファイルは最大10MBです。ファイルサイズが上限を超えている場合、以下の操作を行ってください。
・オプション1
1.フロアプランを新しいAutoCADファイルに貼り付けます。
2.フロアプラン全体をフレーム選択します。右クリックしてクリップボード>コピーを選択します。
3.このプロジェクトを新しいCADファイルにコピーします。
一般的に、この方法でファイルサイズを大幅に縮小できます。
・オプション2
フロアプランのすべての家具を削除し、部屋のレイアウトのみをCoohomにアップロードします。

「壁を検出できません」
このエラーは、フロアプランの寸法線が原因である可能性があります。元のCADファイルは以下のような図面です。
寸法線を削除して、もう一度アップロードしてください。

「エラー99 / アップロードできませんでした」
基本的に、多くがこのエラーが原因の可能性があります。以下の6つの方法をヒントに、各自で解決策を見つけてください。

1.現在Coohomは、AutoCADのデフォルトの壁モード(2つの平行線)のみに対応しています。
2.Coohomが対応する壁の厚さは50〜400mmです。

50-400mmに収まらない壁厚は読み込めません。壁の厚さと単位を確認してください。

3.フロアプランのすべての部屋が閉じられていることを確認してください。以下の図の状況では、CADファイルのアップロードに失敗します。

TOASTEN :部屋が閉じられていることを確認してから、もう一度アップロードしてください。問題が解決しない場合は、お問い合わせいただくか、再度エラーを確認してください。

4.窓の入力が正しいか確認してください。以下の2つの図はどちらも正しい入力です。

それから、窓が壁に完全に埋め込まれているか確認してください。

5.片開戸または引き戸の入力が正しいか確認してください。
片開戸:
引き戸:

6.16340505101.355のように、線座標の値が大きすぎます。この状況では様々な処理ミスが発生します。
この問題を解決するには、フロアプランをフレーム選択し、新しいCADファイルにコピー(Ctrl + C)して、値を小さくしてください。