面編集:線と長方形の入力

面編集で1つの面をいくつかのパーツに分割し、個々にデザインすることができます。

線または長方形を選択して入力します。
始点を指示し、閉領域になるように線を入力していきます。
※すべての線が閉領域になっている必要があります。

任意の線を選択して寸法を入力すると、より正確に入力することができます。

長方形もこれと同様に入力することができます。

これらのツールを使用すると、必要に応じてどんな面形状でも入力が可能です。次に、さまざまな領域にマテリアルを貼っていきます。

各領域は個別に編集することができます。1つの領域を選択すると、画面左側に領域設定が表示されます。そこで、始点を管理したり、マテリアルの角度を調整したりできます。

回転はフロートツールバーでも使用できます。ただし、このオプションでは、45度または45度ずつでしかマテリアルを回転できません。

これが[面編集]で線と長方形を入力する方法です。