パターンマテリアルの縮尺設定

パターン塗りつぶし時の縮尺設定
この機能は、アップロードされたパターンマテリアルの縮尺が配置する面の縮尺と異なる場合に使用します。
(パターンマテリアルと配置する面の縮尺が異なったままだと、パターンが不正に伸縮した表現になってしまいます。)
パターンを選択し配置するエリアにドラッグ&ドロップすると、選択したパターンが自動的に配置面を埋めて表現されます。
その後、配置面を選択し、画面左側の[エリア設定]で[スケール]を選択すると、パターンが自動的にエリアに合わせて、同じ縮尺で表示されます。
このとき、パターンの長さと幅だけでなく、パターンの位置も調整できます。
※ライブラリにアップロードされたパターンのみの機能です。